gmg

前へ
次へ

Products

カラーマネージメントワークフロー

GMGは大判インクジェットプリンタの色を印刷仕上りに近づけることで色校正機として使用することを可能としたプロフェッショナル集団です。
また、1つのデータを様々な印刷方式に対応させる「データ変換」ソフトウェア、印刷機の維持管理ツールなどをリリースしています。

カラーマネージメント製品群

インクジェットプルーフ
GMG ColorProof
連続階調プルーフ:高精度なカラーマッチングプルーフ

GMG DotProof
網点再現プルーフ:高精度カラーマッチング+網点再現

GMG FlexoProof
パッケージ業界向けプルーフ:網点再現+パッケージ向け付加機能

GMG OpenColor
軟包材向けオーバープリントをシミュレーションするプロファイル作成機能

GMG ProofControl
プルーフの品質保証ツール

画像変換
GMG ColorServer
データ変換:RGB-CMYK、CMYK-CMYK変換

GMG InkOptimizer
最適化UCR/GCRでインキ使用量を低減



■GMGのカラーマネジメントコンセプト

ColorServer

GMGが考 えるカラーマネジメントは、RGBから始まってCMYK出力という当然の形もあるが、CMYKからCMYKという印刷方式の違いなどによる、1つの CMYKデータが必ずしも同じ色には再現できないという現実に対応したものである。さらに、その先に行くものとして現在は通常の印刷機だけでなく、デジタルプリント、オンデマンドプリント関連もある。さまざまなデバイスの違いに色を合わせなければならない部分を、トータルでマネジメントしようというのがGMG製品の考え方である。

カラーマネジメントを行うときは、単にRGBをデータベースにするだけではうまくいかない。その先にあるデバイスに合わせて色をマネジメントできて、初めてRGBをデータベースにする価値がある。したがって、カラープロファイル自動変換やデータベースも含め、アウトプットが何であるかをマネジメントする能力や技術を持つべきである。


■独自のプロファイル運用

GMGのプ ロファイルは、ICCプロファイルを取り込むことはもちろんできるが、ICCプロファイル側ではGMGのプロファイルは扱うことはできない。
ICCプロファイルの考え方に関して技術的に見直してみると、まずCMYKのデータが来るとCIE L*a*b*という色に変え、色同士でカラーマッチングをして合わせる。合ったものをもう一度CMYKデータ変換する。簡単に言うと、4色であったものが 3色になり墨版がもう1回作り直される。GMGは、計測するときCIE L*a*b*で行うが、データ上で見るときにはあくまでもCMYK~CMYKでデータを継承しながら色を計算させている。

また、ガモットについての考え方では、プリンタが持っているフルの色領域を確認する。プリンタは、紙との相性の問題がある。GMGの場合、色 領域を確認しておき、その中でノーマルガモットという、一番適切な吐出量を選び取る。紙によっては強すぎたり、多かったり、流れ出たりと、いろいろな問題 があるので、調整して適正なところをノーマルガモットとして、1つの土俵を作っている。
その土俵の中で、カラーマッチングターゲットである印刷物と、プリンタ出力物にどのような色の差があるかを計算する。この土俵を作るところを維持管理して おけば、常にカラーチャートの部分、マッチングプロファイルは移動せずに済む。すなわち、ずれたら土俵だけを調整するということを行うのである。


■カラーマネジメントの方法

エプソンプリンタとDTP70という自動測色計を用意する。GMGでは、この測色計とランダムチャートを用い、プリンタが持っている最大色領域を測定する。併せ て、インクカバレッジチャートを出力し、インクの吐出量が適正かを判断する。
次に、インクカバレッジチャートで適切吐出量を調整し、適正な場所を選択する。この条件でもう一度チャートを出力する。これは1つの土俵を作り、土俵上で 作ったチャートの状況を確認するためのものである。これで、フルガモットで条件を作ったときの標準になる土俵を作った。

最後に、ターゲットとなる印刷物をデータとして取り込む。最初に読み込まれたデータは、目標値としてL*a*b*の値が出力される。インデックスには、 チャートにあるカラーチップ1つ1つの数字が、プリンタに吐出する量を表示する。 前述のノーマルガモットという土俵で出したプリントがある。これを1回読み込ませるが、目標値は印刷物、現在値はプリンタ出力物の数字であるため当然、色 は合っていない。その色の差が⊿Eという比較になる。これを計算させると、カラー値が変わってくる。これでインクの吐出量を計算して調整する。これが1回 目のカラーマッチングであり、すべて自動で行っている。

この概念を2回~3回繰り返すと、ある土俵の中でカラーマッチングの⊿E値が次第に小さくなっていく。数を重ねれば0になるということではないが、3回程 度で当社が保証する⊿E0.7、最大4の範囲になり、追い込んでいく形で精度を上げる。これらは、人の技能や個人の能力は介在せず自動的に計算するため、 安定した色が提供できる。

 

GMG colorProofは独自のデバイスリンクテクノロジーにより世界中で大きな評価を得ています。そのデバイスリンクテクノロジーの拡大機能が photoProofモードであり、DFA分野で重要なRGB画像をそのままCMYK変換することなしに正確な原画の色合いを再現出来ることにあります。


インクジェットプルーフィングとは

プルーフは本機本紙校正、ケミカルプルーフの時代を経てインクジェットプリンタの出現による第一次インクジェットプルーフ時代が到来。
しかしながらこの時期のインクジェットプルーフは精度が悪くケミカルプルーフを超えるものではありませんでした。
その後、昨今の景気の悪化によってコストの見直しを強いられた結果、従来の校正手法ではコストがあまりにも高い為、インクジェットプルーフに再び目が向けられています。
GMGジャパンでは時代に先駆け、従来のケミカルプルーフに変わるインクジェットプルーフィングソフトの切り札として ColorProof5.1、DotProof5.1、FlexoProof5.1をリリースしました。
以下はその詳細です。

世界が認めた高い精度
GMG独自のデバイスリンクプロファイルと4Dカラーエンジンによって従来のソフトでは困難だったハイレベルなカラーマッチングを実現しました。
平均デルタE0.7以下という数値は数々のインクジェットプルーフコンテストで実際の運用に於ける精度の高さを実証しています。

独立したキャリブレーションテクノロジ
色合わせ、プリンタの状態、いくつかの条件を満たさなければ求める数値が得られません。
GMGではプリンタ、メディアの安定した出力を実現させるためにキャリブレーションとカラーマッチを切り離しキャリブレーションだけに特化したファイル、MXC、MX3を開発しました。
MXC、MX3によってメディア、インク、プリンタヘッドなどの変動要素を吸収し、これによりカラーマッチングプロファイルMX4は一度作ってしまえば永続的に使用可能となるフローを実現しました。

簡単な手順でカラーマッチング
カラーマッチング用プロファイルMX4は同梱のプロファイルエディタで作成編集します。
ターゲットとなる印刷物と出力したチャートを測色して自動計算と再出力を繰り返すだけ。
数値による演算だけでなく見た目の印象によって手動で補正するツールも豊富に装備しています。

標準バンドルのスポットカラーデータベースで特色も安定再現
DIC、PANTONE、HKSなどの代表的な特色ライブラリを標準で搭載
スポットカラーエディタで任意の特色も新規で登録可能。新たな特色、新たなメディアにも対応できます。

多くのワークフローに対応
ホットフォルダによる運用でさまざまなワークフローに対応します。CTP用のRIPから8bitファイルを受け取ってプルーフ出力、Mac、Windowsのアプリケーションから直接印刷命令を受けてRIPープルーフ出力、どちらも簡単に設定できます。
またICCワークフローとも親和性が高く、従来の運用を妨げません。

オールインクルーシブパッケージ
ColorProofソフトウェア本体、プロファイルエディタ、スポットカラーエディタ、RIPサーバという
4つのソフトウェアを一つにパッケージ。最先端のプリンタ、測色デバイスにも対応。
追加オプションを必要としません。

ページのトップへ戻る